定期的に歯科検診を受ける必要性について

  • 手作り脱毛ワックスで気軽に脱毛

    • 脱毛といえば、市販のブラジリアンワックスでの脱毛が考えられますが、手作りのワックスでも脱毛可能です。用意するものは大さじ4杯の砂糖、レモン半分と水です。

      大さじ4杯の砂糖をひたひたの水で加熱し、カラメル状になったらレモン汁レモン1/2個分を加えてよく混ぜて火を止め、人肌になるまで冷まします。


      人肌くらいの暖かさになったら、へらで空気を含ませるように大きく何度も混ぜます。
      次に出来上がったこのワックスを脱毛したい箇所の毛の流れに沿って薄く(1mm〜2mmくらい)伸ばし、上にハンカチなどの薄い布をピッタリと貼り付けます。1分ほど経ったら、毛の流れと逆方向に一気にハンカチを引っ張って剥がします。


      これで該当箇所の脱毛は果たされます。

      火傷には気を付けて、ワックスが人肌になっていることはよく確認しましょう。

      また脱毛といえば、脱毛クリームによるものも考えられます。
      これはクリームの中に入っている化学薬品でムダ毛のタンパク質を破壊し、毛を柔らかくすることによって、クリームを流す時に一緒にムダ毛も流しとるという方法です。しかし、皮膚には毛を同じ成分が含まれているため、クリームを使うと、肌も一緒に刺激を受けて肌荒れの原因になりがちです。

      そこで手作り脱毛ローション、パイナップル豆乳ローションをオススメします。


      材料はレモン中くらいの大きさのものを2個、無調整豆乳500ml、パイナップルまるごと1個、消毒用アルコール60mlです。

      まずレモンを半分に切って果汁を搾り、パイナップルはヘタを取って皮と実を切り取り、芯だけにしてください。
      この芯だけをローションに使います。芯はサイコロ型に切り、にがりを加えてミキサーにかけ、ペースト状にします。

      豆乳は鍋で50℃〜60℃に温め、表面から水分が蒸発して膜が出来たら取り除きます。ここでかき混ぜながらレモン汁とペースト状のパイナップルとにがりを加えます。

      次に消毒用アルコールも加え、キッチンペーパー2枚を乗せたざるにあけてドリップします。
      30分後、手で押して水分を切り、終了です。
      風呂上がりにつけるのが脱毛効果も高いですが、朝晩2回つければもっと効果的です。

      心斎橋のニキビ跡の情報もあります。

      治療の子供脱毛症の情報ならこちらにお任せ下さい。

      火傷治療の最新情報をご提供します。

      こだわるならシワ治療の情報が揃っています。

      安いインプラントについて親身になってアドバイスいたします。

      https://okwave.jp/qa/q238114.html

      http://girlschannel.net/topics/1052285/

      https://news.yahoo.co.jp/search?p=%23%E6%AD%AF%E7%A7%91%E6%B2%BB%E7%99%82&ei=UTF-8

  • 関連リンク

    • 虫歯の原因は口腔内での菌の繁殖によるものです。日常的に摂取する飲料や食物には多くの糖分が含まれており、この糖分をもとに虫歯菌が繁殖して酸を放出します。...

    • 男女問わずに綺麗な体を保つために定期的に脱毛処理を行っている人は多数いると思います。個人的に脱毛処理を行っていくポイントとしては処理する箇所の体毛を温めて柔らかくしておくことです。...