定期的に歯科検診を受ける必要性について

  • 歯の矯正は今どうなっているのか

    • 日本の歯列矯正は、歯科医療の最先進国であるアメリカと比べて、成長期の子ども達の普及率が低く、大人が治療を受けているケースが多いようです。

      神戸の矯正歯科に関して最新情報を教えます。

      大人が多いのは、単に子供の頃矯正を受けなかった人が多いからでしょう。

      ビジネス視点で梅田のわきがの比較をさらに詳しく調べてみませんか。

      日米を比較すると、どちらかというと日本人のほうが顎の骨の発達が未熟で、そのため自然に歯並びの悪い人が多くなります。

      神戸市の歯科の有益な情報の紹介です。

      顎の骨は、柔らかいものばかり食べていると発達せず、薄く小さくなり、エラの張りの少ない、いわゆる小顔になります。
      しかし栄養は行き届いているので、一本一本の歯は大きくなり、結果として小さな顎の狭い口腔内に大きな歯が押し合い、重なって八重歯になったり、出っ歯になります。

      東京のaga治療情報サイトをご利用下さい。

      男の子の場合は顎の成長が、力強く噛み締める力が働かないため、横へ発達せずに下へ伸びてしまい、面長になり、下顎が縦に長く伸びるため、下の歯が上の歯より前へ出てしまい、受け口になります。

      この、横の張りがなく面長で、大きな前歯が前へ出ている顔は、殿様顔と呼ばれ、戦前から貴族階級の男性に多く見られたという記述があります。

      発毛治療の情報といえばココです。

      歴史の教科書に載っている徳川家最後の将軍慶喜の写真を見ると、まさに面長です。

      http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12159454597

      日本人の歯列の乱れは、戦後から始まったものではなく、柔らかく炊いた白米が主食だった都市部では、みんな八重歯の出っ歯でした。

      https://allabout.co.jp/gm/gc/460295/

      欧米での日本人のイメージがメガネをかけた出っ歯の顔だったのは、差別的な発想からではなく、事実を反映していたのでした。

      http://www.47news.jp/photo/1379055.php

  • 関連リンク

    • 私は普段、普通に生活している上で、歯のことをほとんど気にかけることはありません。毎日きちんと歯磨きをしていれば虫歯にもなりにくいし、その他特にコレといったトラブルも無いからです。...

    • 昔はウィッグと聞くとカツラであるというイメージが強く、主に頭髪に対してコンプレックスを抱いている場合などに着用する物であるという印象があったのですが、最近ではお洒落をより楽しんだり趣味の幅を広げる為などにも広くウィッグは使われるようになってきました。自分の頭髪を実際に派手な色に染めてしまう事には抵抗があっても、お洒落の幅をより一層広げる為にプライベートな時間は個性を出した服装などをしたいと考えている場合などにもウィッグはとても有効な物として活用する事が出来るでしょう。...